shizuku life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ナチュラルフードとは 

突然ですが、「ナチュラルフード」とは何でしょう?
一般的には 「人間が無理やり作り上げた物ではなく、より自然な環境の中でたくましく育った物」ということです。

私が受講した講座でも第一章ではそう書かれています。
そして最後に、もう一度ナチュラルフードとは?というあとがきがあります。
とても気に入っているので、今日はそれを紹介したいと思います。

”あるパティシエの方からこんなお話を聞いたことがあります。
「一番おいしいお菓子って何だかわかりますか。それはお母さんが子供の為に作ったお菓子です。
当然、それはできたてです。
食べ物は何だって、できたてが一番美味しいのです。
しかも愛情がこもっているから、より一層美味しい。」
つい最近まで、大量生産、大量消費が当たり前の時代でした。
作り手は買い手の顔も見れず、買い手も作り手が誰だかわからず買う。
でも、そのことに不安や疑問を感じる人が今、増えています。
私たちは誰だかわからない人が作った物より、自分の事を大切に思ってくれる人が作った物に「喜び」を感じるはずです。
たとえ形がよくなくても、作るたびに味が違っていても。
そこには、ひとつひとつ心を込めて作っているからこそ生まれる「味わい」があります。
大量生産では決して生まれない温もりです。
「手作り」。それは文字通りの意味と共に、作った人と食べる人の距離が「近い」ということではないでしょうか?
顔が見える。手が見える。その距離の近さを、私たちは「安心」というのでしょう。”



私がこの講座を受けようと思った理由がここにありました。
綺麗でお店のようなお料理がネットを介して目に入るようになり、私はどんどん落ち込んでいきました。
お店のようにきれいに作ることが「お料理上手」というのであれば
私は全くもって料理が苦手なわけです。
卵焼きひとつとっても、形が歪な日も、焦げちゃった日も、半生な日もある。
味が濃い日も、薄い日も、同じ料理を作っているつもりでもいつも違う。
「どうして何度も作るのに上達しないのだろう?私ってやっぱりお料理下手なのよね。」
ずっと、ずっとそうやって自信を無くしてきました。

でも、家庭で家族の為に作る料理はそれで良いのでは?
綺麗にお店のように作ることが目的ではなく、安心安全な物を、温かい出来立ての物を
家族に食べさせたい。
その気持ちが大切なんだって、あらためて教えてもらったような気がするのです。

食べることは生きること。
誰かに見せて褒められる為に料理をしているわけではなく、
家族の健康を考えて、家族の事を思って作る料理は
多少、歪んでいようが、味がそのたび違おうが、それで良いのでしょう。

苦手苦手と遠のけてきた料理は、本当は一番大切な部分で
自信のなかった私に「それでよいのです。」と背中をおしてくれた講座。

本当は、農薬、添加物のない物であれば、野菜などはそのまま食べても良いわけで
身体に悪い物を排除することに心がければ、簡単に茹でる、焼く、蒸す程度で
料理は完成するのです。

ナチュラルフード講座は、お料理上手になる講座ではなく
安心、安全な食べ物を見極める基準。なるべく身体によい物を摂る為の工夫料理を少し
伝授してもらえる講座なのです。

この講座は試験がありません。受講を受けて合格点をもらうと「ナチュラルフードコーディネーター」という資格を与えられます。
そんな資格意味あるの?
そうですね、後は実力次第なんでしょう。
でも、なぜ試験もなく資格を与えているのでしょうか?
これは全くの私の考えなのですが、広く広めて、今一度みんなで考えませんか?ということなのではないのでしょうか。


大切な人が元気で笑っていてくれたらいい。
そういう思いで「食」に向き合えば、身体に悪い物を食べさせようとは思わないはず。
自分が食べるわけじゃないし、だれが食べるかわからないから、その人がどうなろうとかまわない。
今はそういう思いが氾濫しているように思えます。
つい先日の、ファストフードの中国での件はまさしくこういうこと。
他国のどこの誰だか分からない人間が食べるものだから、カビた肉でもかまわない。
そういう感覚なんだと思います。
それよりも給料さえ入れば良いのですから。

広く世界を見ることは大切。
でも広く、広く見すぎているのかもしれません。
今、大切なのは自分の周りの大切な人たち。
ひとりひとりが大切な人を大切にする。
そういう気持ちを持てば、やがては広い世界全般を大切にすることになる。
目の前の大切な事を見ずに、遠くを見すぎているように思えるのです。


「この子たち(野菜)はさ、勝手に生きているんだよ。」
彼らはみんな、自然の摂理に従って芽吹き、根を張る。
結局、私たちはあくまでおすそ分けをわけてもらっているにすぎない・・・。


築地御厨 の内田 悟さんの言葉。


私たちは自然の中で生かされている。
だから自然の物を素直に頂くことが一番大切な事。
生きた命を頂くから、私たちの身体で命になる。
命を持たない加工品では、命のつながりはできなくて当たり前のように思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

thread: 小さなしあわせ | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

コメント

こんばんは。
shizukuさんの学ばれたナチュラルフードのお話し。
とってもためになりました。
うん、うん♪
出来立てのおやつ~おいしいものね。
ごはんを毎日作るようになって、24年~最初は軽量スプーンと本とにらめっこ~でした。
今は、目分量です(笑)
だんだんに、我が家の味が増えていって~
「これ苦手~」と言われる日もありますが
これからも、ゆる~りとですが、身体によさそうな物が少しでも増えるように
食について考えていきたいと思います。
内田さんの「野菜塾」友達から聞いて時々見ています。
旬の野菜をおいしく食べる~野菜の目利きのポイントもあったりして
勉強になります。

かもみん #- | URL | 2015/09/26 22:53 * edit *

Re: かもみんさんへ

こんにちは~。
昔、「お料理が苦手~。」と言っていたら、お友達に某クッキングスクールを紹介されて
体験に行った事があるのですが、そこは十数万かけてのコースでも、市販の添加物調味料を使ってて(汗)
完成形はとても綺麗でおしゃれで素敵なんだけど・・・なんかなぁ・・・と断ったことがあります。
その後も、お料理上手になりたいと思いつつ、自宅で本で自己流でやるたびに落ち込み(笑)
どんどんめげていました。
でも、思えば目指していたのは「わぁ~素敵!綺麗、美味しそう。」と人に見せられるような料理でした。
それができなくて恥ずかしいと思っていたのですよ。
でも、違うんだよね。
なんかね、スーッと気持ちが軽くなりました。^^
先日も、人には絶対見せられない、食べさせられないと思っていた我が家流の料理を
私の留守中に、息子が彼女に食べさせたら「美味しい!何これ!」ってとても気に入ってくれたと
いい加減経ってから聞かせられ(^m^)
すごくすごく嬉しかったし、気持ちが軽くなったんです。
昔、「煮物はおばあちゃんには敵わない」という記事を読んだことを思い出して・・・
「料理」という物をはき違えていた自分に気づかされたのでした。^^

内田さんの「野菜塾」!ググッて見つけました。^^
教えてくれてありがとう♪ 
料理を綺麗に整える術より、美味しい物を見極める目利きの方を覚えられるように
これからは方向転換して勉強しようと思います。^^
ありがとう♪

shizuku #- | URL | 2015/09/27 09:26 * edit *

こんにちは〜☆〜(ゝ。∂)
いつも楽しみながら読んでいます〜♪
皆さんのところで、いいないいな、ってことや、ウンウンと思えることがたくさん。

食事に関しては、つい手軽なものやコンビニに頼ってしまうことがありますが…
ホントは、見た目とかよりも体に良いものを食べるのが良いんですよね〜!
shizukuさんのお料理はいつも見た目も美味しそうだけど。私はホントとても上手とは言えなくて。
でも、ごはんとお味噌汁に、漬け物があれば良い!なんて言われると…そうだなぁって気楽に構えられるんですよね。
うんとこだわったことは、できなくても…きちんと熟成、発酵?した調味料を使ったり食べたり。できることから意識してやりたいです!
娘さんの振り袖素敵〜!
古典柄を選ぶのが、またshizukuさんらしい気がして。(勝手にイメージしてますが(*^^*)
髪飾りすっごく楽しみです〜♪娘がいないから、ホント皆さんの娘さんのこととか聞くだけでもワクワク♪
あの、お庭の花を飾っていた、ワイヤーの枠の飾り?すっごく素敵〜!
お庭の野菜も嬉しいですよね〜。
自分ができていないことばかりで、憧れながら。
焦らず、できることからですね〜☆〜(ゝ。∂)

rietta #- | URL | 2015/09/27 16:09 * edit *

Re: riettaさんへ

こんにちは~。いつも読んでくれてありがとう。^^

うんうん、忙しい昨今はみんなそうだよね~。
それに美味しそうなものや目新しい物がた~くさんの世の中だから、どうしても手が出ちゃうよね。^^;
日本ほど「食」の種類の豊かな国はないと思うし、それに慣れてしまっているしね。
でも健康の事だけ考えれば、一汁三菜・・・一汁二菜でも十分
むしろ腹八分目が良いわけだけどね。
そうそう、お料理が苦手な私でも、ちゃんとした素材でちゃんとした調味料で、簡単な食事が
むしろ健康に良いと言われると救われるわ~。
だから、そういうことを大切にしていこうと思うの。^^

振袖、ありがとう♪ そうだね~、大変だけど女の子がいるから経験できることよね。
そう思って頑張るわ~。
アルミワイヤーの飾り棚。青柳さんにあこがれていた頃知って、ネットで知り合ったお友達に頼んで
作ってもらったものなの。^^
それを見ながら、私もちょこちょこやったけど・・・あんなに上手にできない(><)
今でも大切に使わせていただいているお気に入りなの。^^

あれこれ考えると溺れてしまうので、私も「今」自分のできることをひとつずつ
頑張っていこうと思ってます♪
ありがとうねぇ~。^^

shizuku #- | URL | 2015/09/28 12:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokidoki180.blog.fc2.com/tb.php/831-feaa70c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。